【横浜 外構】オーセブンCADはどんな感じ?|神奈川のエクステリアプロ

query_builder 2022/07/01
コラム
O様邸 レンダリング

こんにちは!



神奈川の湘南エリアや厚木市をはじめ、
神奈川県全域から東京都内などで
外構エクステリア工事を行っております。
神奈川のエクステリアプロ
運営会社の株式会社葉光園の
設計担当のYです。


先日、私の母が作った
紫蘇ジュースをお昼まで炎天下の
車内に置きっぱなしにしました。
もう、やっちまった系です(笑)
お昼休憩の時にようやく思い出し、
救出し、試飲をしたら温かった(笑)
会社の冷蔵庫で冷却して持ち帰りました。
きっと大丈夫でしょう(笑)

ちなみに、今日は

職人さんが食べてくれるかわかりませんが、

今年漬けた小梅を持ってきました。

事務所の冷蔵庫に入ってます(笑)


さて、今日は私が毎日業務で使用している
『オーセブンCAD』のご紹介をします!


入社して早5ヵ月になるところです。
日々勉強の毎日で、まだまだ伸びしろが
ありますが、
お客様にわかりやすく、
職人さんにもわかりやすい図面を
作っていけるよう作成しています。


今回はリフォームということで
アプローチの施工をしました。
その際に私が作成したCADをご紹介します。



まずは敷地を作ります。
敷地ですが、三斜入力と座標入力の
二通りがあります。

三斜入力とは、三斜求積図を元に
三角形の三面と高さを入力して作成していきます。

※画像はイメージです。



画像のように三角形が重なり合っている
のですが、CADの中に色んなパターンの
三角形があるので、それをパズルのように
組み立てていきます。
全てが組み合わさると敷地が完成します。
完成した三斜を選択すると
敷地の平米数がわかります。

もう一つの座標入力というのは、
緯度と経度を入力していきます。
※画像はイメージです。


画像のようにXとYが書かれているので、
その数字を入力していきます。
そうすると画像のように
敷地が自動で作られていきます。


この二つの求積図があると
図面を作成するときに
正確な数値を入力をすることができるので、
どちらかがあるだけでとても助かります。


どちらもない場合は、
自力で敷地を作成するので、
お時間を頂くことになってしまい
ますが…頑張ります(笑)



敷地が完成したら、
次に建物基礎を作ります。
建物基礎は、建物の平面図を参考に
補助線を使って、大まかな
建物基礎の形を作ります。
そこに建物基礎となるベースがあるので、
そのベースを貼り付け、
起点を追加して補助線と同じ形に
なるように起点を移動して作ります。
大体の建物のグリッドが910となっています。
基本的には倍数で増えていきます。
逆に半分ですと455だったり、
455の半分の227.5の箇所があったりします。




建物基礎ができましたら、
今度は道路と敷地のレベルの入力と
敷地の面しているのが
隣地なのか道路なのかを選択します。
道路を設置したい時に、
この設定により、道路に面している箇所を
自動でソフトが判断をしてくれるので、
道路を設置する事が出来ます。


レベルというのは、その敷地の高さの事を言います。
まっ平な所は今のところほぼ見たことはありませんが、
基本となるベンチマークというのがあるんですが、
そこから高くなっているのか、
低くなっているのかというのが、
配置図に記載されています。
その数値をソフトで作った敷地の起点にある
±0のところに入力をすると、
その敷地が高いのか低いのかを
ソフトが判断してくれます。




その設定をしていると塀を付けていき、
自動で塀の一番低い位置を表現をしてくれます。
そして、補助線を使いながら範囲を決め、
芝や砂利、土間などを設置していきます。
細部に関しては、リアルタイムパース画面で
どの芝にするのか、どの砂利にするのか
塀の色はどんなものにするのかを検索して
変えたい部分に貼り付けていきます。
2画面で操作しているのですが、
突然の夏の到来で画面の熱のすごさを
実感しています(笑)



話は逸れましたが、
完成したものがこちらの画像になります。





ちなみにですが、
入社した頃の図面を見ると、
違いがあってちょっと恥ずかしい気持ちに
なりました(笑)
それだけ成長したんだなぁと前向きに(笑)


午前中にオーセブンさんにある、
サリバン先生という講座を受講してみました。
サリバン先生を利用したのは初めて
でしたが、とても丁寧に教えてくださって
とてもおススメです!今回は予約をして受講しました。
受講内容は拾い出しという工程です。
御見積を作る際にとても重要で、
施工する材料の数量を調べるのが拾い出しといいます。
そして、図面作成をしている私にとって
より役割の大きさを痛感するものになりました。
もっともっと精度をあげていこうと思います。


次回完成した実際のお写真を掲載していきますので、
しばらくお待ちくださいませ!


外構、エクステリアの
見積りを頼みたい、
どうやって進めていけばいいの?とお悩みでしたら、
是非当社へご連絡ください!



厚木市、海老名市、相模原市、 伊勢原市、
秦野市、綾瀬市、 小田原市、横浜市、川崎市、
平塚市、藤沢市、寒川町、愛川町、 葉山町、
逗子市、横須賀市、南足柄市、
神奈川県全域 東京都の方もお問合せお待ちしています!

記事検索

NEW

  • 【厚木 外構】今年1年有難うございました!!|神奈川のエクステリアプロ

    query_builder 2022/12/29
  • 🎍🎍 年末年始休業のお知らせ 🎍🎍

    query_builder 2022/12/16
  • 【厚木 植栽】お家が華やかになる植栽|神奈川のエクステリアプロ

    query_builder 2022/12/09
  • 【厚木 外構】マイティウッドフェンス|神奈川のエクステリアプロ

    query_builder 2022/11/16
  • 【厚木 外構】タイル張りで上質感UP!|神奈川のエクステリアプロ

    query_builder 2022/11/01

CATEGORY

ARCHIVE